人気ブログランキング |

アルゴン&アルゴンヌ


建築を中心とした旅のブログ http://www.studio-algo.jp/
by algone

苦難の道、、原罪のクリプタへ~Apr.30,2019④~

アルゴンがマテーラでどうしても行きたかったところ
「La Cripta del Peccato Originale(原罪のクリプタ)」

9世紀にベネヴェント地方から逃れてきた僧たちが描いたといわれている、南イタリア最古の洞窟壁画

この日の18:30からの見学を予約しておきました

ホテルの女性が手配してくれた通り、契約ガレージが車を市街地までまわしてくれました。
a0220901_15195249.jpg
予約メールには、見学の30分前に待ち合わせ場所であるワイナリーに集合とのこと

その住所をGPSに入力しようとするも出てきません

しょうがないのでワイナリーの名称(らしき)”Azienda Agricola Dragone”を入力して出発

私はてっきりサッシ地区の渓谷挟んだ向かい辺りにあるのだと思っていたのですが、どんどん狭い山道に入ってきます

何十分も走ったところで、山からちょっとした町に出て、その道端で「目的地に到着」と、、、

むむむ、、どうみてもワイナリーなんかないぞ


通行中のご婦人にたずね、その方が近くの整備工場の人に聞いてくれ、
そこの従業員の方たちが集まって議論を始め、
しまいには奥の事務所まで入っていって、
デスクで仕事中のおじさんが「クリプタにいくのか?全然違うぞ」と
クリプタの事務所に電話をしてくれたりネットで調べてくれたり、、、

みんななんて親切なんだ!

結局、クリプタのサイトにある住所をGPSに入力して再出発

しかし18:00を既に過ぎています


車内から電話すると、18:30が最後のツアーで、明日は夕方まで予約がいっぱいとのこと

明日は移動なのでもう参加できない、、、せっかくここまで来たのに

と、ねばっていると、「ツアーガイドに聞いてみるから後でかけなおしてみて」とのこと

10分後「やっぱりだめだった」と電話があり、あきらめてマテーラ方向に車を走らせていたら
「追加で19:00からのツアーがあるからそれに入っていい」という電話が!


さっそくワイナリーに向かいました


これが、延々なにもない畑の中にポツンとあるんです

a0220901_15544745.jpg
この景色がまたすばらしい
a0220901_15493030.jpg
a0220901_15483756.jpg


アグリツーリズモってやつでしょうか。パスタや穀物など農産物も販売しています


私たちのほかにスペイン人のグループが参加していました。

ここからクリプタまで各自クルマで移動

a0220901_15540017.jpg
結構怖い


車を降りて細い道を降りて行った先にありました
a0220901_15510473.jpg




洞窟にはいると、音声ガイドとそれに同期したライトアップでちょっとしたショーのようになっています

撮影禁止だったのでHPから写真を借りました


3大天使、ガブリエル、ミカエル、ラファエル


a0220901_15561448.jpg

色鮮やかです



アダムとイブが禁断の果実を食べて楽園を追い出される場面

これが「原罪」ですね

a0220901_15592464.jpg
蛇にそそのかされているイブが既にイチジクの葉で股間を隠していますね?

そしてお顔が無邪気に楽しそう!


足元の赤い花はコクリコでしょうか?


聖母像

a0220901_16050594.jpg
ここにも赤い花が咲き乱れています



隠遁生活というイメージからもっと深刻な絵を想像していたのですが

華やかで、おおらかな楽しそうな(?)絵でした






こんなところにあります

a0220901_16160317.jpg
a0220901_16170148.jpg

30分ほどのツアーが終わると日が落ちていました



この景色、きっと千年前、二千年前から変わっていないのですね


苦労してきてよかった。。。電話でごねてみてよかった。。。
ホテルのおじさんとの交渉&クリプタの事務所との交渉でへとへとに疲れた午後になりました(実際、ワイナリーに着いた時の写真を見たら5歳くらい老け込んでました)

燃え尽きた灰のようになってマテーラへの帰途につきました、、、、、


# by algone | 2019-06-15 16:20 | 南イタリア2019 | Trackback | Comments(0)


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧