アルゴン&アルゴンヌ


建築を中心とした旅のブログ http://www.studio-algo.jp/
by algone
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2011年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧

島根 「草庵」 + 松江

朝起きるとすっかり真っ白に。さっそく雪見風呂。
a0220901_14545997.jpg



今回は非常に小さい部屋でした。ちゃんとかわいい縁側が。
a0220901_14555459.jpg


朝ごはんもおいしいんです。
a0220901_1457029.jpg
a0220901_14571565.jpg



吹雪の中、JRで松江に移動しました。

殴りつけるように雪が降るため、観光もままならず、早々とお昼を食べに「なにわ本店」へ。
a0220901_1501826.jpg


荒れる宍道湖を眺めながら
a0220901_1511049.jpg


お昼の御膳。手前のもみじ形は蟹ご飯。奥の小鉢は蟹と貝柱と柿の酢味噌和え。
a0220901_152455.jpg

これに、鰻の餡かけ、柚シャーベット、コーヒー付き

島根牛御膳
a0220901_1523270.jpg


ここ、初めて来たのはもう10年以上前になるのですが
あいかわらずいいお店。

手抜きがないし、とても良心的。


味処 なにわ本店
島根県松江市末次本町21(松江大橋北詰)
tel: 0852-21-2835
HPはこちら


まだまだ吹雪いていますが、意地になって観光を!

小泉八雲旧居。
a0220901_1591644.jpg

こじんまりした素敵な日本家屋です。
しかし、「家の作りやうは 夏をむねとすべし」というわけで、非常に寒い!
しんしんと冷えます。

寒さを嫌がって九州に移った小泉八雲の気持ちもわかる。


a0220901_15131213.jpg



隣の小泉八雲記念館には縁の品々が展示していあります。

展示物の中に、小泉八雲の「日本の礼儀作法」に関する文章があり

日本人には礼儀作法が遺伝子レベルまでしみ込んでいる。
日本が世界に誇れるものは、「日本女性」である!

というようなことを書かれているのですね。

いたく反省いたしました。。。


a0220901_15171155.jpg


ひどい天候に迎えられながらも、それでも大好きな松江。
何度来ても楽しめる街、松江。

次回は歓迎してくれるでしょうか??
by algone | 2011-12-25 14:53 | 日本旅 | Trackback | Comments(0)

島根 「草庵」 '11年12月

2年ぶりに島根の湯の川温泉「草庵」に泊まりました。

前回行った時も大雪でした。
今回も嵐のような吹雪き。。。歓迎されているのかいないのか


高速バスとJRを乗り継いで苦労して到着した後の温泉は最高です。
a0220901_2242272.jpg


ひとしきりお風呂を堪能して夕食へ。

まずは前菜の盛り合わせ。手の込んだ料理がちょっとずつ並んでいます。どれもおいしい。

お造り。いつもながら新鮮。
a0220901_22541353.jpg


焼き蟹。たっぷりの蟹味噌につけて食べます。うーーーー、おいしい!

a0220901_23212457.jpg


揚げ物。奥の串は牡蛎豆腐のてんぷら。初めて食べたやさしいお味。
a0220901_22571127.jpg


蛤と蕪のトマト味スープ。程よい酸味で微かにエスニックっぽい。
a0220901_2304018.jpg

島根牛とフォアグラ。
a0220901_2324958.jpg

のどぐろです。
a0220901_2333597.jpg


このあと、焼きおにぎりのお茶づけと、デザートが出ました。

大満足!


ところで、新たにバーの建て屋ができていました。
a0220901_22462044.jpg

Inglenookとはスコットランド語で「暖炉のそばの居心地のいい場所」という意味だそうです。

立派なカウンターと暖炉と西洋アンティーク。
a0220901_22483519.jpg


本棚には面白そうな本が並んでいます。
音楽はモーツァルト。

メニューの「自家製ミントのモヒート」にひかれました。
実は、いまだにモヒートを飲んだことがないのです。
どこで注文してもなぜかいつも品切れ(T_T)

しかし、モヒートはやっぱり暑いとこで飲むものじゃないか?
ヘミングウェイだしな、キューバだしな。。。雪には合わない。

というわけで、窓の外の雪を見ながら
生姜のきいたモスコミュールをいただきました。



なんと贅沢なクリスマスイブ。
a0220901_23113967.jpg

by algone | 2011-12-24 22:37 | 日本旅 | Trackback | Comments(0)

Green Coffee

先日の送別会でOさんから、プレゼントをいただきました。

Green Coffee。
a0220901_22131288.jpg


ここのコーヒー飲むと、「ああ、コーヒーだなあ」と思います。
(あたりまえか、、、。でもなかなかないのです。そういうコーヒー)

カフェとかバーとかでも、おいしそうなコーヒーの香りがするなと思ったら
GreenCoffeeを使っていた、というのが結構多いのです。

3種類のコーヒーをいただきました。
とうぶん楽しめます!
ありがとうねー


グリーンコーヒー(三川町店)
広島市中区三川町2-18-1 
tel:  082-249-0043
by algone | 2011-12-23 22:19 | | Trackback | Comments(0)

むろか

スタッフOさんの送別会で、むろかへ。

先付け、フォアグラのムースにバルサミコがかかってます。
a0220901_20171087.jpg


見るからに食べたくなる、このセンス。



里芋のワッフルに、蟹味噌と豆腐のソース。

a0220901_2021630.jpg



野菜の浅漬けが、ガラスジャーに入っています。
あっさりした味ながら、絶妙な塩加減。次のお皿を待つ間に、ぽりぽり。
気がきいている。
a0220901_20214065.jpg


お造りの最後には、ふわふわした卵のちっちゃいお寿司。
お食事とお菓子の中間な感じ。
うーーーん、おいしいです!

(*この間に何皿かありました。もちろんすべておいしかったですよ)

鶏のコンフィ、焼き鳥風ソース。
a0220901_20234567.jpg



〆のご飯は蟹でした。
「来るかなー、サンタさん」って、、、(涙)

a0220901_2026310.jpg



最後にイチゴのサンタさんがきてくれましたよ!vv
a0220901_2030695.jpg


思わず「かわいいー!」という声に

「私、ほんとはこうなんですよ」と、大将。

カウンターの中で繰り広げられるピリピリ緊張感と、
おちゃめな演出のコラボレーションとでも申しましょうか。。。(汗)


ほんとに何度来ても飽きることのない、常に新しい驚きのあるお店です。

a0220901_20335695.jpg



居酒屋 むろか 
広島市中区三川町6-3
Tel: 082-545-8822
by algone | 2011-12-21 20:13 | | Trackback | Comments(0)

ロイヤルコペンハーゲン イヤーマグ

もう終わりましたが、広島三越の北欧展に行きました。


そこで珍しく衝動買いしてしまったのが、これ↓
a0220901_2336236.jpg


ロイヤルコペンハーゲンのイヤーマグ、1974年。
(残念ながら自分の生まれ年のはありませんでした。。
ありませんでした、というか、まあ、お察しください。)


マグというには小さくて中途半端なのですが、
色合いと形がいい感じ。


こちらはアルゴンの。1969年。
a0220901_23175090.jpg


ちょっと贅沢かなー、、
でもお互いへのクリスマスプレゼントということで!
by algone | 2011-12-19 23:27 | | Trackback | Comments(0)

モンキュール ~ 横川の立ち飲みワイン 

今夜は友人3人と「横川はしご酒をしよう! 」と集まりました。


まずは横川のワインのお店「モンキュール」。

1階が立ち飲みのカウンターとテーブルちょっと、2階はテーブル席です。

こじんまりしていてとてもいい感じ。


グラスのワインも豊富で、しかも値段がとても良心的。

魅力的なメニューにひかれて次々食べ物を頼む私たち。。。

どれもワインにピッタリ。

a0220901_11411424.jpg



そしてワインメニューに「オーパスワン」を発見。

こ、これは、飲んでみたいぞ!
a0220901_11463830.jpg


一口飲んで、3人とも黙りました。。。

ワイン通じゃない私にも、
グラスに顔を近づけただけで、今まで飲んだものと全然違うことだけはわかる。

まろやかです。

この幸せをおわらせたくないと、みんな非常に時間をかけて飲みました。
(さっきまでのペースはどこへ?)

結局、一件目でけっこうおなかいっぱいになった私たちの
「はしご酒」計画はあっけなく頓挫したのでした。


Mon Coeur (モン キュール)
広島県広島市西区横川新町2-7
tel: 082-233-0873

HPはこちら


1階の酒屋さんにも寄ってみました。

オーパスワンのボトルの値段をきいて、再度黙り込む3人。。

でもでもお手頃値段のワインもたくさんありましたよ。
ビオワイン、Cuvee des Galetsを購入。
a0220901_12155360.jpg


お店の人も親切だし、ビオワインもいろいろありそう。また来てみよう!
by algone | 2011-12-16 11:38 | | Trackback | Comments(0)

「Smoke」 ~人生は煙のようなもの~

今年もクリスマスの時期がきました。
クリスマスといえばニューヨーク。

アメリカ映画好きではないのですが
クリスマスのニューヨークを舞台にしたアメリカ映画は結構好きなのがあります。


中でも何度も見てそのたびに感動するのが「Smoke」


a0220901_22303788.jpg

妻を亡くしてスランプに陥った作家(ウイリアム・ハート)
タバコ屋の主人(ハーヴェイ・カイテル)
名前から身元から、なぜか嘘ばかりつきまくる黒人少年(ハラハラさせるやつ)

などなど、登場人物のエピソードが一章ごとにつながっていきます。

個人的にハーヴェイ・カイテルが好きでして。
さらに、昔の恋人役のストッカード・チャニングも昔から好きな女優さんです。
(初めて見たのは「Grease」の年齢的に無理のある女子高生役。芸達者)

ウイリアム・ハートも、これぞ役者!
(はじめはウイリアム・ハートとは気付かなかった。)

普通の人たちの、結構キツイ事情が綴られるのですが
合間にウイリアム・ハートやハーヴェイ・カイテルがはさむ小話(?)が面白い。
2人の距離感もいいです。
つくづく、人は「知性」によって救われているのかもしれない、と思わされます。

「知性」という言葉がぴったりこなければ、この映画のサブタイトルいうところの「煙のようなもの」とでも言いましょうか。


最終的には「捨てたもんじゃない」気分になって
名曲「煙が目にしみる」でエンドロール。



こんな気持ちで年末を迎えるのもいいと思います。
by algone | 2011-12-10 22:41 | 映画 | Trackback | Comments(0)

木部谷温泉 松の湯

同じく六日市の木部谷温泉へ。

松の湯という旅館の日帰り湯を利用しました。

他に人がいなかったので写真を撮らせてもらいました。

a0220901_21724100.jpg


すごい鉄分です。
壁も床も変色して、なんかの成分(鉄分とカルシウム?)が蓄積されています。

お湯はぬるめでちょうどよい。

じっくり浸かっていると、なかなか効いてきます。

お湯から出たら、ひろーい日本間のこたつで昼寝。
うどんや生姜湯とかちょっとした飲食もできるようです。
(まじで)おいしそうなにおいが漂っていました。

建物の脇をとおって少しあがると泉源の間欠泉が。

a0220901_21113947.jpg


25分に1回、噴き上がるらしい。

待てども待てども動かない水面。

a0220901_21124727.jpg


寒くなってきたし、もう帰ろうかと思っていたら。。


a0220901_21133190.jpg


なにやら出てきましたよ

a0220901_21135661.jpg


しまいには結構な高さまであがっていました。
a0220901_21142936.jpg

おおおおおおお~~~~~!

これは見る価値ありです!

お湯もいいし、
今度は泊まりで来てみようかなあ?

HPはこちら
by algone | 2011-12-04 15:04 | 日本旅 | Trackback | Comments(0)

Domenicana(ドメニカーナ)

六日市に面白いピザのお店があるというのでドライブがてら行ってみました。

六日市に入ると、道端に手書き看板が何枚も出ていて
それに誘われるように行くと、着きます(笑)

不思議な建物。
a0220901_20483845.jpg


オーナーの手作りらしいです(!)

人懐っこいワンちゃん(ヒメちゃん)がお出迎え。

a0220901_20495570.jpg

基本が笑顔のかわいいこです。


建物の中も手作り感あふれる素敵な山小屋風。
a0220901_20502754.jpg


本棚には幅広いジャンルの本がいっぱい。
a0220901_20512962.jpg


a0220901_2128387.jpg


まずはサラダが出てきました。
写真はないですがシンプルながら野菜がおいしい(自家製のようです)。
ルッコラらしきものが独特の辛味があって、しっかりした野菜だなーと思いました。

自家製ベーコンも食べました。(製作過程がこちらのブログにのってます)

魚介のペペロンチーノ。
a0220901_20535131.jpg

アンチョビのピザ。
a0220901_2054178.jpg

自家製の小麦粉を使っているらしい。

どれも素朴なおいしさです。


いろんな国を旅してきた方なのでしょうか?
どこの国でもない(強いて言えば宮崎駿の映画に出てくるような??)
奇妙な建物が魅力です。
a0220901_20554059.jpg


ドメニカーナ
島根県鹿足郡吉賀町蔵木1081
tel: 0856-7896-7506

HPはこちら
by algone | 2011-12-04 14:00 | Trackback | Comments(0)

BACARO UNO

今日はなんと20年ぶりの旧友と再会。
ワインを飲みたいということで
前から気になっていたBACARO UNOへ。
(アロマグリル閉店していたのですね、、、)

私、流川はいまだに迷子になってしまうのです。
今回も再会をかみしめる暇もなく、まずは道に迷った。。。
あせりました(汗)
「相変わらずだなー」と思われたに違いない。

で、やっとみつけました。
BACARO UNO。

アロマグリルはこじゃれた感じでしたが、
こちらはいい意味でくだけた感じ。


写真はないのですが(しゃべりに夢中すぎて)、燻製手羽先とか、ニョッキとか、チーズとか、、
ワインに会う料理が手ごろな値段であります。

最近ワインにはまっているという旧友も満足。


別れ際にクリスマスプレゼントまでもらいました(*^^)v

a0220901_22225182.jpg



20年のギャップを全く感じない、とても楽しい時間を過ごしました。

バカロウノ (BACARO UNO)
広島県広島県広島市中区流川町2-17
tel: 082-249-7889
by algone | 2011-12-02 22:41 | | Trackback | Comments(0)


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧