アルゴン&アルゴンヌ


建築を中心とした旅のブログ http://www.studio-algo.jp/
by algone
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:ベトナム旅( 4 )

ホーチミン'09年3/23

ホーチミンの国営ホテル、レックスの一階で朝ごはん。

a0220901_2054611.jpg

普通においしいです。値段は高め。
a0220901_206484.jpg


向いの歩道から一斉にレックスホテルを写真に収める団体。どういった話題性が??
a0220901_20123716.jpg


旅行中に毎回やってしまうこと。
かわいいワンコを発見し、カメラに収めようとするも無視され、
見かねた人が「ほら、カメラ見て!」
a0220901_21373761.jpg

この方なんて、バイクで通りかかっただけの人です。飼い主ではありません。
ありがとうね!


お昼は路地裏へ。とにかく人が多い店を選ぶ。
a0220901_20404583.jpg

昼休憩のOLさんや、若者がたくさん。あれ?見たことある制服。
a0220901_20424752.jpg

日本人好みでおいしいし、安い。
a0220901_20415634.jpg
a0220901_2042590.jpg

一つ難があるとしたら、暑いことですね。


暑い国ではシエスタが必要なのか。よく道端で寝ている人を見ます。
これはいいにしても
a0220901_201444.jpg

こんなとこで寝る??ほとんど曲芸です。
a0220901_20145440.jpg



あまりの暑さにこじゃれたカフェに避難。
a0220901_20464830.jpg

で、メニューを開いて
「高!!」(汗)
すぐ出ようとして、よく考えたらコーヒーが300円くらい。。
日本で考えたら普通に払う値段。。
ベトナム価格にすっかり慣れてしまっていました。



公園の池の真ん中にモニュメント
a0220901_2194460.jpg
a0220901_2195718.jpg

あの時代の大きな建造物がひょっこり現れて、不思議な感覚に陥ります。



夜は花鍋を食べにリバティ2ホテルに。
a0220901_20582619.jpg

カボチャの花や、海鮮を、たれにつけて食べる鍋です。
a0220901_20594279.jpg

こんな感じ。
a0220901_210631.jpg

タイのタイスキに似ているなー。
肝心の花は、、、あまり印象に残ってない。

4日間の滞在でしたが、思い返してみると食べてばっかり。。。
しかし、ベトナム料理がこんなにバラエティーに富んで、奥深く、しかも安いのですから、
1日3食では足りないくらい、あれも食べたい、これもトライしたい、となってしまうのです。
反省。
by algone | 2009-03-23 20:00 | ベトナム旅 | Trackback | Comments(0)

ホーチミン'09年3/22

マジェスティックホテルの部屋から見える、サイゴン川の朝焼け
a0220901_1939418.jpg

この景色だけは何十年も変わっていないのでしょう。

今朝はバィンミー(ベトナムのバゲットサンド)の有名店ニューランで朝ごはん。
a0220901_19424119.jpg

ベトナムはフランス領だった名残でフランスパンが浸透しているのです。
a0220901_1944012.jpg

うまい!ヨーロッパで食べるバゲットサンドよりいけるかも!
a0220901_19441476.jpg

広い店内では、サンドイッチやパン以外にも、いろんなものを売ってます。

Nhu Lan
50-64-68 Ham Nghi-Q.1

建築文化財にも指定されている郵便局へ。
a0220901_19475920.jpg

1891年にフランス人建築家によって建造されたものです。
a0220901_19483224.jpg


お昼はバインセオ46Aへ。
目の前に洗濯ものが干してあるような路地裏にあります。
ベトナムのお好み焼き(?)バインセオ。あっさりしていておいしい。
a0220901_2065192.jpg

デザートのプリンも、これぞカスタードプリンというお味。おいしいです。
a0220901_19585450.jpg


バインセオ46A
46A Dinh Cong Trang St, Dist.3, HCMC
tel: 8241110




チョロン(中華街)にあるビンタイ市場へ。市内で2番目に大きい市場です。
a0220901_19595620.jpg

小さいお店にぎっしり商品。
a0220901_2013627.jpg

土産物によさそうなものがいろいろあります。
a0220901_2022220.jpg

店番。
a0220901_2023754.jpg


ベトナム最古の華人寺、ティエンハウ寺へ。
a0220901_2095754.jpg

香港で見るお寺とよく似ています。渦巻きの線香も同じですね。

チョロンは独特な雰囲気で面白いのですが、なにしろ暑い。日影がない。
熱射病になりそう!ということでベトナムの甘味処へ直行!
a0220901_20124914.jpg

はじめは無難に杏仁豆腐を食べたのですが、
みんなが飲んでる、あの海藻(?)みたいなのが入ったのが飲んでみたい!
で、トライしていました。
a0220901_20131969.jpg

味は、、、、妙でした。


Ha Ky
138 Chau Van Liem
tel: 08-8567039

晩御飯はレストラン、テンプルクラブへ。
a0220901_20255519.jpg

カボチャのスープ
a0220901_20271161.jpg

焼きナス
a0220901_20272346.jpg

エビのココナッツ蒸し
a0220901_20273553.jpg
a0220901_20274568.jpg


アンティークな内装でこじゃれています。デートとかにはいいのかも。。

Temple Club
29 Ton That Thiep
tel: 08-8299244
by algone | 2009-03-22 19:36 | ベトナム旅 | Trackback | Comments(0)

ホーチミン'09年3/21

フォーのチェーン店、フォー24で朝ごはん。
こぎれいで、お店の人も親切です。
a0220901_20174355.jpg


べンタン市場に行きました。
a0220901_20192142.jpg

これ、その後もいろんな市場で見かけたのですが、なんなのか?なんかの瓶詰。
a0220901_20212088.jpg

新鮮な魚もあるし
a0220901_19591071.jpg


野菜や香草もいろんな種類がありますね。さすがベトナム。
a0220901_20231171.jpg

市場にはこういう飲食コーナーもあります。
a0220901_20244827.jpg

写真で見て、ぜひ行ってみたいと思っていた、ホーチミン美術博物館。
優雅な外観。
a0220901_20434121.jpg

陶器や美術品、絵画などが展示されています。
価値のあるものなのだろうけど、展示がなんか雑なのです(T_T)
寂れた土産物屋でももうちょっと丁寧なのでは。。。。
この素敵なコロニアル建築、もっと活用しよう!

どこかの制服でしょうか?おおらかに育った樹木にまったりとねそべる人たち。
優雅にすら見えてくるこんな風景は、他の国にはないものだと思います。
a0220901_204936100.jpg

お昼は道端のコムビンヤン(定食屋みたいなもの?)で。
白ご飯に、メインのおかずを選び、スープがつく。
おかずは日本人好みの味です。このスープにはスグキらしき野菜が入っていました。
a0220901_20574593.jpg


お昼からは統一会堂へ。
a0220901_213153.jpg

南ベトナム政権時代の旧大統領邸だった建物です。
a0220901_214786.jpg

中は、中華風あり、モダン系あり、映画館あり。
a0220901_2142151.jpg

無意味に広く、無意味にお金がかかっていて、一度も活用されなかったのでは?と思うような部屋が続きます。
a0220901_214337.jpg

この虚しさが革命につながっていくのかも。。(なぜかショーンコネリー主演の古い映画「キューバ」を思い出しました。)

この建物の中で唯一「実感」みたいなものがあるのが、地下の軍事施設。
通信室やら、射撃訓練場やら、まったく装飾のない灰色の世界。

この廊下は空爆に耐えれるような構造になっているそうです。
a0220901_2112548.jpg

「実感」に押しつぶされそう。。


地上に戻って、聖母マリア教会
a0220901_21161539.jpg



ふー。。気を取り直して晩御飯はソングーへ。
サラダ。
a0220901_21185346.jpg

手長エビの焼いたの。
a0220901_21214466.jpg

チャーハン
a0220901_2122148.jpg

ベトナム音楽の生演奏もあり。

70 SUONG NGUYET ANH STREET, DIST.1
tel:08-38325017
by algone | 2009-03-21 20:14 | ベトナム旅 | Trackback | Comments(0)

ホーチミン'09年3/20

ベトナムの首都、ホーチミンに行ってきました。

空港からホテルへの道中、既に始まっていました、カルチャーショック的なものが。
大量のバイク!他の東南アジアの国でもバイク5~6人乗りとか結構見てきましたけど、ベトナムは規模が違う。建築資材とか、3人がけソファみたいなものを、バイクで運んでいるのです。バイク=軽トラみたいな感覚。(この写真は自転車ですが。前方視界ゼロ)
a0220901_8461359.jpg

↓これはまだ序の口。
a0220901_213422.jpg


暑さもあって頭がクラクラしたところで、マジェスティックホテルに到着。
a0220901_95016.jpg

a0220901_84939.jpg

涼しいロビーに一歩足を踏み入れると、さわやかな香りが、、、別世界です。
a0220901_8491627.jpg

a0220901_19574179.jpg


こちらが私たちの部屋。クラシカルな内装。
a0220901_851968.jpg


廊下。ホラー映画の金字塔「シャイニング」の双子のシーンを思い出す、、、(>_<)
a0220901_853126.jpg


ホテル周辺、ドンコイ通りを散策してみました。
a0220901_8544383.jpg

ここはヨーロッパ?と思うようなアールヌーボーっぽいモノもあるし
a0220901_857132.jpg

まさに中国!というモノもある。
a0220901_8572873.jpg

不思議な感じ。

女子好みのおしゃれなお店もちらほら。。
a0220901_954378.jpg


夕方のオールドマーケット@トンタットダム通り。
a0220901_9111188.jpg

結構狭い通りなのにバイクが普通の速度で走っていて、おちおち買い物なんかできません!


今日の晩御飯はHoang Yen。
a0220901_91833.jpg

エビのココナッツジュース蒸し。
a0220901_9143141.jpg

かた焼きそば。
a0220901_9145837.jpg

鶏のコンフィみたいなものもありました。
付け合わせについているビスケット(?)からしておいしい。
どこかフランスの影響がうかがえるベトナム料理。
どれもおいしい!外れなし。値段も庶民的。

Hoang Yen
7 Ngo Duc Ke
tel: 08-8231101


今回の宿、マジェスティックは、開高健氏が戦争特派員として滞在していたホテル。そして氏の「輝ける闇」は10代の自分にとって特別な意味を持つ一冊でした。
感慨深く開高氏ゆかりのBreeze Sky Barへ。

渋いバーを想像していたのですが、割と賑やかな感じ。若者のグループがわいわいやっていたり。食事もできるようです。
a0220901_9425925.jpg

隅っこに、開高健氏の写真発見。(ちっちゃすぎて見えませんね)
a0220901_9431486.jpg

時代の流れを感じました。
by algone | 2009-03-20 08:31 | ベトナム旅 | Trackback | Comments(0)


最新の記事
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ
メモ帳
検索
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧